Spice for life 2

iceland 048

See you Listhus, Olafsfjordur, mural project(I wanted to see the end of this project..!), I left here and went to Akureyri, then, was plannning to join in others to go to Reykyavik. In Akureyri, I had a load of time waitting for my company to hitch hiking so went to see Aðalheiðar’s exhibition. I posted about visiting an artist studio in Iceland on my blog before and met a great artist there. The artist is Aðalheiðar who was runnning her exhibition in Akureyri at the time.

https://masumihirayama.wordpress.com/2013/05/07/wild-nature-in-the-city/

Listhus, Olafsfjordurそして壁画プロジェクトに別れを告げて(プロジェクトの最後を見届けたかった。。!)、まずはAkureyriへ行きました。その後にReykyavikまでは他の方と車をシェアして行きます。一緒に車をシェアしてくれる人達を待っている間、Akureyriで時間が有り余ってしまったので、このチャンスを逃すべくAðalheiðarの展覧会を観に行ってきました。Aðalheiðarは以前私がこのブログに書いたアーティストです。その彼女がAkureyriで展覧会を行っているというのでこれは観なければ!と足を運んできました。

https://masumihirayama.wordpress.com/2013/05/07/wild-nature-in-the-city/

iceland 047

iceland 053

iceland 058

iceland 060

Following Kristen, she is also really attracted female artist. Her artwork is dynamic though quite feminine that is like a mother holding everything. I always become smiling when I see her artwork which is a kind of magical experience. I thought that “is this Icelandic artist?” It would be obvious that we have an individual personality but I saw a common point among them that they are always just they are. They understand what they can, optimistic but they are changing continuously. At least I could see them like that, and thought it would be similar to nature in Iceland.

Kristenに続き彼女もとても魅力的なアーティストです。彼女の作品はとてもダイナミックなのですが、それと同時に母の様に全てを包括するような女性らしさも兼ね備えています。私は彼女の作品を見ている時に笑顔になっています。それはとても不思議な体験なのですが、これがアイスランドアーティストの兼ね備えている気質なんだろーかと思いました。もちろん人によって持ち合わせているものは違いますが、共通して言えることは、皆が「そのまま」でいる事。自分のできる事を良く解っていてなおかつ楽観的、でも日々少しずつ更新されていく。私の眼にはそんな風に移り、それをアイスランドの自然と重ねていました。

 

So, after that I met my company to Reykyavik and got to a hostel to stay, then explored in Reykyavik a littele bit. I went to Viðey where is a island near Reykyavik and there is a piece of artwork of Yoko Ono and Richard serra. Honest my comment to this Island that is “F***in’ beautiful-!!!”

その後はレイキャビクに行くべく同乗者と合流して、予約していたホステルにも無事にたどり着き、翌日は少しですがレイキャビク付近を探索し、少し離れたところにある小さな島Viðeyへ行って参りました。オノ・ヨーコさんとリチャード・セラ氏の作品が置いてあります。この島について私の率直な感想はずばり、「美しすぎるぜこんちくしょー!」です。

iceland 066iceland 106iceland 121iceland 108iceland 084iceland 068iceland 071iceland 096iceland 101iceland 102

See you again Iceland 🙂

Advertisements

Spice for life 1

It would be finished my Iceland journey. It was really great time to spend my time here. I have done my exhibition and met great people that I can’t describe. Before it was over, I, Alice, Thomas and Pier went to see another residency which were Herhús and Baer arts center. The reason went to Herhús, I would like to see Kirsten who is a danish artist. She came to see my exhbition, then, we discovered our similarlities on our artwork..her artwork is brilliant. She made drawing and sculpture using cardboard to create installaton space with found objects. She said that those materials are disposable but suitable for temporal staying such as artist in residency, however, those materilal, on the other hand, her artwork was inhabiting in the space with quietly that made me feel very comfortable. My work is also disposable though, I’m believing this period was the time for develop my idea.

You can see her artwork here: http://www.gallerinordskov.dk/KirstenChristensen.html

I completely forgot to take a photo of this exhibition!

 

ここで私のアイスランドでの滞在は終わりです。ここでの時間はかけがえのない、大事な、貴重な時間でした。展覧会を終えた事、影響を与えてくれた人々に出会えた事に感謝します、それは言葉では言い表せません。旅を終える前に、Alice, ThomasそしてPierと他のレジデンスをみに行ってきました。まず一つ目がHerhús。ここに来た理由はデンマークからやってきているアーティスト、Kirstenの展覧会を見たかったからです。彼女は私の展覧会にも足を運んでくれていて、お話したらアートワークに関する共通点があったので是非、彼女の作品を見たいと思っていました。彼女の作品には不思議な魅力があります。今回の展覧会は主にドローイング、彫刻、彼女がアイスランドで見つけた(拾ったもの)ものなどでインスタレーションを行っていました。そしてそれらの作品は段ボールで作られたものが多かったです。彼女いわく、アーティスト・イン・レジデンスの様な短い期間の滞在に適している素材との事。それでもなおかつそれらの素材・彼女の作品は確実にそのスペースに静かに生息しており。。それは私にとってとても心地が良い空間でした。今回の私の作品も使い捨て(作り捨て?)ですが、この期間の間に確実に自身のアイデアを伸ばす事ができたと信じています。

 

Kirstenの作品はこのサイトから見れます:http://www.gallerinordskov.dk/KirstenChristensen.html

そして残念な事に写真を完全に撮り忘れてしまいました。。!!!

 

 

Next, we went to see an exhibition in Baer art center where is a bit far way from Listhus residency. Thank you very much for safe driving Alice! 😉

The faciclities are amazing, indivisual studio, cafe for meal and great landscape, and we can see great five mature artists’s work..!

お次はBaer art centerへ。Listhusから車を飛ばして大体1時間弱?アリス、安全運転ありがとう!;-)

ここの施設はすごかったです。まず綺麗、個別のスタジオベットルーム、食事の為のカフェ、そして素晴らしい景色。私達は5人の素晴らしいアーティストの作品を見る事ができました。。!

iceland 038

iceland 040

iceland 044

iceland 045

After such an enjoyment, I had to say “Good bye” and “See you again” to Listhus artspace. I would come back here again 😉 I saw some of residences in Iceland though, feel Listhus is “Home” in the end.

 

お楽しみの後は、さよならの時間です。バイバイ、だけどまたね!です。またここに帰ってきます。いくつかのレジデンスを見ましたが、私にとっての家はListhusです。

 

 

 

 

 

実はつづく

Business days

I have done my exhibition 15th-17th June 2013 at Listhus artspace, here is those photos and documentation. You can also look at the blog of Listhus artspace

無事に6月15日~17日の間に展覧会を行う事ができました。ここにはその様子と記録書類を添付します。ちなみにListhusのブログでも写真等観る事ができます。

Listhus artspace bloghttp://residency-in-progress.blogspot.jp/#!/2013/06/saga-of-masumi-hirayama-and-artists-in.html

Documentation(english) sorry, coming soon!

記録(日本語)SAGA of masumi hirayama_documentation_JAPANESE_revice

DSCN8378

DSCN8364

SAGA of masumi hirayama

iceland 004

I was walking in this town

Ég var á gangi í þessum bæ

私は街を歩いていました

I could see only houses

Ég gat bara séð hús

見えるのは家だけ

I will leave there and adapt here

Ég mun fara þaðan og aðlagast hérna

今できる事は、ここを受け入れる事

By the way, I discovered a shark

Meðal annarra orða, þá uppgvötaði ég hákarl

ところで道でサメに会いました

Here is nearby the sea, we can eat fish.
Here is a lot of snow, we have very little vegetable.

Oh, OK. I can even survive.

Hér er nálægt sjó, við getum borðað fisk.
Hér er mikill snjór, við höfum mjög lítið grænmeti.

Ó, OK. Ég get jafnvel lifað af

ここは海の近く、たくさんの魚が獲れる

ここは雪が多いけど、野菜も少しは採れる

少なくとも、生きてはいけるでしょう

Fish is here!

Fiskur er hér!

魚はこっちだよ!

OK, I will start my business

OK, ég stofna fyrirtækið mitt

さあ、お仕事の始まりです

This is my exhibition title

展覧会名決定

Fishermans festival

Fishermans festival was going on in Olafsfjordur during 1st and 2nd June. We could get on a big ship, grab a free hotdog, have a concert in a small park, etc.. This town was a bit busier than usual.

Enjoy those photos in the below,

6月1日・2日にOlafsfjordurでフィッシャーマンズフェスティバルがありました。この日は大きな船に乗って遠出する事ができたり、無料ホットドックがあったり、小さな公園でコンサートがあったりと。いつもより街中が少しにぎやかでした。

というわけで以下の写真達をどうぞ

iceland 087

iceland 088

iceland 094

iceland 107

iceland 108

iceland 084

iceland 109

iceland 110iceland 115

They were so funny. They said to me “Please take a photo of me!” I asked to them “Are you going to be a fisherman?” “Yes!” I guess the boy who takes a glasses, he may be a boss.

この子達面白かったです。「俺の写真を撮ってくれ!」とせがまれる。「将来は漁師?」と聞くと「おう!」眼鏡の男の子はこの街のガキ大将だと思われる。

iceland 116

And, I got a dramatical meeting to “something” in this night, which was..a shark……. Owners brought to eat it for us. I have never eaten a shark, and I should say my feedback..still I have no idea what to describe the taste. I ate only 5 to 6 dices but the smell was extremely strong. I could sense the smell was floating around my body(and our house as well!) By the way, this shark came from Green land. According to Thomas, New Zealand shark has a different taste..

そしてこの夜運命的な再会を果たしました。サメを食べました。オーナーさんがふるまってくれたのですが。。今までの人生でサメを食べたことはありません。そして感想は。。。。。。未だになんと述べて良いか判らないです。サイコロ状にカットされたサメを5~6粒程食べただけなのですが、アンモニアの匂いが強く、いつまでも匂いが身の回りにただよっているような、そんな感じでした。ちなみにこのサメはグリーンランドのサメとの事。トーマスの話によるとニュージーランドのサメはまた違った味わいだそうな。。

Anyway, why am I talking about a shark oftenly?

とにかく、サメに道端で会うわ、そしてそれを食べるわ。サメ関連の話題が多いです。

And the next day, American artist Gordon left here, Good luck there!

そして次の日、アメリカ人のGordonはレジデンス期間を終えてを去ってゆきました。向こうでも頑張ってねー

We are lucky

I went to Akureyri in someday of the end of May with owners in the residence to change my mood. First of all, I went to see a botanical garden. It was just starting summer, green and some of flowers were blooming.

レジデンスのオーナーさんの車に乗っかり、Akureyriに息抜きに行って参りました。まず初めに植物園を見たかったので行って参りました。

iceland 047

iceland 045

Plant pots

iceland 051

Here look more less organised than above.

この写真の植物達はもっと放置されている感じ

iceland 048

Arctic alpine plants, this place is very interesting. Here are plants come from America, Asia, Europe, Australia..various country.  Each plants show each charactors, but at the same time show their adaptations to some particular area. That remainded of me now about that artwork of my friend. He created artificial garden space in an inside of exhibition space, then he seeded there and observed how they are growing up, which informs an aspect of that how nature are dealt with and co-exist with human being.

Arctic alpine plants, この場所は面白かったです。アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オーストラリアなど様々な国の植物達が一つの場所に集まっており、各国の植物達がどの様にこの地に繁殖していけるのかを見ることができます。これを書いている今、友達の作品の事を思い出しました。彼は人工的な庭を展覧会会場内(室内)につくりそこでどの様に植物が成長していくかを観察していました。その一つの側面として自然と人間がどの様に共存しているかを考えさせられる作品でした。

Afterwards, I grimpsed  at an artist residence in Akureyri and an art museum, then went to Akyreyri municipal water and power company. Now I feel sorry for them because.. I visited there that was almost guerrilla activity. However, they listened me and explained their business to me very kindly.

その後は、Akureyriにあるアーティスト・イン・レジデンスと美術館をちらっと見た後、Akureyriにある水力発電会社に足を運んできました。ほんとに申し訳なかったのですが。。「話を聞かせてくれ!」とゲリラのごとく突入してしまいました。。(本来だったら連絡を入れてから行くべきですよね)それにも関わらず担当してくれた方は優しく説明、そして私の話も聞いてくれました。

iceland 052

This is the coupany, Norðurorka.

これが会社です(Norðurorka

He talked to me about how they are supplying water, hot water and electricity through hydro power. In our conversation, I was impressed by some his word. He said “We are lucky because here is volcano, earthquake and on the mid atlantic ridge that provide energy to us”

主にどの様に水、お湯、エネルギーが供給されているかなどを説明してくれました。私達の会話の中で最も印象的だったのが「私達はラッキーだ。アイスランドはこの様な場所に位置している為に火山と地震が起こるがそれらが私達のエネルギーを作りだしてくれている」

 

I was born in Japan, we have tsunami, earthquake and volcano too. why he has this idea that might be this is his job, however, I was asking to myself, “have I thought I’m lucky? here is earthquake in my country” This idea may adapt to lots of thing.

私は違う国に生まれていて、地震も津波も火山もある条件にさらされています。そして今私の眼の前で話している彼は仕事上この様な思考を持ち合わせているのかもしれません。でも、地震があるという事をラッキーだと考えた事はあるかと自身に問いかけました。これはこの問題に限らず全ての事にあてはめて考える事ができるのではないでしょうか?

 

Anyway, I will go back at my home..

ひとまずそんなこんなのAkureyri探索でした。

iceland 061

Fagur fiskur í sjó

iceland 076

I’m joining in mural project as well as my own project. Olafsfjordur is fish town, and here are big fish factories. So, we are thinking to draw something based on photos which is relating to history in this town. We had several meetings, then, started painting there from in the beginning of June.

I’m very lucky to joining in this project because I wanted to try to fill with such a big canvas.

We have a facebook page as well, give us your “Like” 🙂

突然ですが自身のプロジェクトの傍ら、壁画のプロジェクトに参加しています。Olafsfjordurは漁業が盛んな町で海辺には大きなお魚工場があります。この町に紐づいている歴史や写真を元にデザインを考案しています。何回かのミーティングを重ねて6月の頭から色塗りを始めたところです。

偶然にもこの時期にレジデンスに参加したことで壁画プロジェクトにも携われて私は本当にラッキーだと思います。壁画には一度挑戦してみたかったので良い経験になると思います。

facebookページもありますので、気になるかたは”Like”を宜しくお願いします:)

http://www.facebook.com/?ref=logo#!/FagurFiskurISjo

iceland 011